Sustainability Report2016

ヌマザワのVision(考え、構想、視野)をお伝えします。

一つひとつの小さな花が集まって大輪の花となる「紫陽花」は、
ヌマザワグループのコーポレートフラワーです。

弊社は葬祭業をベースにした企業で、企業理念を“やさしさ、人、…心”とし、やさしさをもって人に接し、日本の伝統である美と心を伝えてゆく誠実な企業を目指しています。

葬祭業とは、人とのつながりであり、どのような職種よりも「心」がなくては成り立たない仕事です。大切な人を送る心、両手を合わせ、感謝を込めて故人の冥福を祈る心、その心の重みを受けて、社員一同、心を込めて施行させていただきます。常に感謝の心を持って、地域社会に必要とされる企業、信頼される企業でありたいと願います。

信頼の証としては、日本儀礼文化調査協会(JECIAISO9001認証取得格付機関)最高格付評価5つ星認定。そして、国家公務員共済組合連合会(KKR)と特別契約を結んでおります。

また、「紫陽花」は新庄市の花でもあります。夏の終わり、新庄まつりには、故郷を離れた大勢の人々が帰ってきます。遠く離れた街で暮らす人々も初めて訪れる人も、いつも変わらぬ懐かしさと温かさで迎えられる街でありたい。

そのために地域活性化のお役に立てるように、葬祭業を基本としながら、文化、芸術、音楽など、メセナ活動を通じて地域に貢献していきます。サステナブルな未来の構築のために、大好きな新庄、最上地域のみなさまに愛され続ける企業努力を継続していきます。

株式会社ヌマザワ
代表取締役 沼沢 正則

※CSR・サステナビリティとは、「持続可能性」を意味する英語の“sustainability”のこと。企業が使うサステナビリティとは、企業が利益を上げ、将来においても顧客に継続してサービスを提供していくこと。加えて、環境保護活動や社会的な側面としての社員に対する取り組み、社会貢献活動なども含まれます。